限度額

キャッシングの限度額は、初回契約のときには50万円以下である場合が多いです。10万円というような場合さえあります。この限度額を引き上げたいと思っている人も多いでしょう。そして、消費者金融としても、良い借り手に対してはたくさん貸したいと考えるものですから、限度額の引き上げを申し出てくることがあります。

 

そのときに条件となりますのは、初回契約から半年以上経過していることです。半年以内ではなかなか信用が増加しないということなのでしょう。また、増額は10万円ずつというのが一般的であるようです。信用はちょっとずつしか増加しないということなのでしょう。もちろん、どこまでも限度額が上がっていくかといえば、そういうことはありません。総額規制があり、年収の三分の一までしか消費者金融は貸してはいけませんから、限度額も当然そこまでしか上がることはありません。

 

それでは借り手から限度額の引き上げを求めたとして、それに応じてもらえる条件というのはどのようなものなのでしょうか。やはり、きっちりと過去に返済しているということが条件になってきます。一度でも返済を滞ったりしますと、限度額の引き上げというのは望めないようです。また、定期的にキャッシングを利用しているということも条件です。そうでなければ借り手としての信頼が増すということもないからです。さらに、他社を利用していないことも求められます。限度額の引き上げはけっこう厳しいのです。