キャッシングは返済計画が大切

キャッシングとは、無人契約機でカードを作り、カードを使ってお金を借りることが一般的です。無人契約機のメリットとしては、人に気兼ねをすることなく、夜遅くでも借りることができることです。審査に関しても、雇用形態や勤続年数、年収などを打ち込むだけで簡易的なものが多いです。

 

しかし、気軽に無人契約機でキャッシングを行うことができると言うことは逆に言うと、借りてしまう癖がついてしまった場合に、際限なく借金が膨らんでしまうことを意味します。借金が膨らんでしまったときの最終手段に自己破産がありますが、自己破産してしまうと、社会的な不利益が多く、偏見の目で見られます。従って自己破産と言う結果は避けたいものです。

 

キャッシングでお金を借りるときは、キャッシング先とも話し合いをしてゆとりのある返済計画を立てることが大切です。とりあえず借りて窮状をしのぎ、後はどうにかしようと言う短絡的な考えでは、返済することが難しいです。

 

返済するときには、元本以外に利子も返済しなければならないことも十分に考慮しておくべきでしょう。消費者金融系の金融機関では、利子は年利15パーセントを超えることも多いです。

 

現状で利子は年にいくらつくかと言うシュミレーションをしておくと借りてから返せないことを防ぐことが出来ます。